妊娠中には葉酸を取りたい!効果的に摂取するポイント

妊娠をすると、自分の安全を守るためにいろいろなことに注意をする必要がありますね。

その時、栄養をしっかりと取ることが望まれます。その中でも、とても重要な栄養素として葉酸があります。

葉酸は、不足すると赤ちゃんにも影響を及ぼすので気をつけたいですね。そして葉酸を摂取する時に、気をつけることもあるのです。

ここではその気をつける内容について、ご紹介します。

葉酸の摂り過ぎに注意

葉酸は、妊娠中に摂取することが推奨されていますが取りすぎてしまうと困ります。そのため、とり過ぎないように注意をすることが大切です。

野菜や果物などの食品から取りすぎるということは、まずないでしょう。取りすぎるということがあれば、サプリです。

サプリは、一日に必要な葉酸の分を摂取できるように説明されています。そのことから、一日分を守ることが大切です。

特に、次の5つはとても大事なポイントです。

原料が天然素材かどうか

体に害となるものが入っていないか

GMP認定工場で製造されているか

400μgの葉酸を摂取できるか

飲みやすいか

参考元「おすすめの葉酸サプリ5つを比較!妊活~妊娠中で選ぶ5つのポイント

多く取るだけいいと思って、取りすぎることがないように、サプリの用量や用法を守って摂取するようにしましょう。

食材は生で食べる

葉酸は、熱に弱いのでできるだけ生で食べることができるものはそのまま食べるほうがいいですね。

生野菜等は、サラダで食べるようにします。温野菜とすると、ちょっと葉酸が溶け出してしまいます。

また水に溶けやすいということもあるので、必要以上に洗わないようにします。ジュースなどにすると、生で取ることができますね。

フレッシュな状態がベスト

葉酸は酸化しやすいので、できるだけ新しい野菜、果物を摂取するようにします。

冷蔵庫で保存をしてしまうと、それだけ酸化が早くなります。

季節のものを、その日のうちに摂取したいですね。季節を感じることができる果物や野菜は、それだけ栄養面でも優れています。

それらを購入して、その時に食べるようにしましょう。葉酸は、その料理方法により少なくなることがわかります。

そのことを知って、毎日葉酸を含む食材を上手に取り入れましょう。生ジュースなどは、手軽に取ることができます。